ドライブでナビ役になることで思うこと

主人とドライブに行く時は何故か必ずナビを頼まれます。

カーナビは付いていますが、古い物らしく、操作をしてもなかなか言うことを聞いてくれません。

それでもないよりはましだと思って残しているようです。

ナビはスマホで行いますが、完全に私にナビを任せっぱなしのため全く知らない土地では違う指示を出してしまいます。

指示もちゃんとしたのに全然違うことをされる時もあります。

先日は珍しく「ナビをしなくていいからドライブに行こう」とお誘いがありました。

ナビをしなくていいなら気楽だと思い、一緒に出掛けたところ、結局ナビをする羽目になっていました。

高速道路を利用しましたが、出口はFインターだと伝えていたのにFインターで降りませんでした。

高速道路なので案内の看板は出ていたはずなのにそれを見逃した上に、ミスを私に押し付けました。

そのことで怒ったらしく、その後乱暴な運転をされました。

ナビの件が解決しない限り一緒に出掛けないと心に決めました。

お手軽にカロリーオフナゲット♪

ナゲットが食べたくなったけど買いに行くの面倒だったしカロリー高すぎると思ったので豆腐で作ってみました☆

豆腐におからパウダーとマヨ、ガーリックパウダーとかバジルとか調味料を加えて練り練り?

丸く形成する時に中にプロセスチーズを入れてきつね色になるまで揚げて完成!

揚げてからもちょっとバジルとか振って色付けしました!

ケチャップやマスタードをつけていただきまーす♪

美味しいんだけどコロッケ感の方が強いかな?

ナゲットだとマスタード派だけどけれはケチャ派だなぁ?

お豆腐の割にはボリュームあるなって感じです!

もっと水切りしてから使ったら食感強くなったりしたかもなぁ…

中にチーズ入れたのは大成功でした♪

とろーりと出てきて美味しすぎるぅ?

でもプロセスはちょっと高級だから次作るとしたら安いの入れるかな(笑)

リオ五輪・競泳を見て思ったリーダーの資質

リオ五輪も前半が終了しました。

競泳は全日程を終え、金メダル2つを含む好成績で終了しました。

中でも自分が印象に残ったのは2つのリレー競技です。

前半に行われた男子800メートル自由形リレーは日本が苦手と言われる自由形でのメダルとあって今後にとても影響してくるのではないかと思っています。

今回はロンドンで個人のメダルも獲っている松田丈志選手を中心として、400メートル個人メドレー金メダルの萩野選手のほか、小堀選手、江原選手の4名のチームで、松田選手と小堀選手は個人種目がありませんでした。

それでもモチベーションが下がる事なく、絶対にメダルを獲るんだという強い気持ちが銅メダルにつながったと思います。

最年長の松田選手がチームの士気を高めてまとめた結果ではないかと思っています。

競泳の最終日に行われた400メートルメドレーリレーは日本が4大会連続してメダルを獲得している得意種目です。

今回は、背泳ぎの入江選手、平泳ぎの小関選手、バタフタイの藤井選手、自由形の中村選手の4選手がメダルをかけて臨みました。

予選は3位通過も、決勝は各国メンバーを変えてくるためまったく別のチームになっています。

結果は5位入賞で終わりました。チーム最年長の入江選手は個人競技もメダルを逃していました。

自分に限界を感じていたのでしょう、インタビューで自分は賞味期限切れと表現していました。

それでも、やれるところまでやるとは言っていましたが、リーダーがそんな気持ちじゃチームの士気は上がりません。

絶対獲ってやると考えないとだめだと思います。

チームリーダーのモチベーションの違いが結果に現れたのではないかと思います。

スポーツだけでなくリーダーの資質が仕事などに影響するものなのだ、どんなに優秀なメンバーがいてもリーダーがそれを引っ張ることができないと結果が出ないのだなと思いました。

サッカー日本代表のキャプテン・長谷部誠選手は現在の所属チームで最年長ですが、キャプテンシーを買われています。

現役を終えても残って欲しいと言われているようです。

長谷部選手くらいの実力であれば若くて伸び盛りの選手が山ほどいます。

それが長谷部選手である理由は強いリーダーシップが評価されていると思います。

東京五輪に向けて、このキャプテンシーを兼ね備えた選手が必要ではないかと思っています。

突然の引退発表にびっくりしました

昨日女優の江角マキコさんが芸能界を引退するというニュースが突然発表されてびっくりしました。

江角さんは、数少ない私が住んでいる島根県出身の女優さんでけっこう活躍されてたから残念です。

江角さんのドラマでは、やっぱりショムニが大好きでした。イメージにすごい合った役柄でとってもおもしろくて大好きでした。

色々な引退理由や憶測が言われていますが子供のことを考えて今一番に子供達の為にできることをしたいということに嘘はないと思います。

今日知ったんですが江角さんの子供達ってまだ私が思ってたより小さいんですね。

最近芸能界で色々なことがあったけどこれからの子供達の長い人生を考えたらその選択は絶対間違えではないと思います。

同じ県出身ということで芸能界は引退しても幸せに家族と過ごしていってほしいです。

あけましておめでとうございます

2016年も終わり、2017年になって早2週間が過ぎました。

一応まだ21ですが、歳を重ねるにつれて1年が過ぎるのが早く感じます。

お正月はずーっと家にいてゴロゴロしている予定でしたが、

呑み会やランチのお誘いを受けて割と外に出歩く日が多かったです。

特に呑み会は5回くらいありました。

年末は金欠すぎてあんまり?めませんでしたが、まだぎりぎりお年玉をもらえたので

新年の呑み会ではたくさん?めました。

久しぶりに会う友達もいたりして、楽しい呑み会になりました。

ランチも小学生の頃から仲の良い友達といって、たくさん語りました。

お互いに彼氏がいないのですが、理想の男性像やシチュエーションを妄想して、

とてもとても盛り上がりました(笑)

みんな仕事が始まってしまい、頻繁には会えなくなってしまいましたが、

また時期をみて会いたいなあと思いました。

友達はいつまで経っても大事な存在です。

大晦日の堀田祐美子は戦うべきだったのか

長いことプロレスファンだったので女子プロレスラーもある程度は知っています。

もちろん堀田祐美子のことも知っていました。今までは好きでも嫌いでもありませんでした。

昨日の大晦日、格闘技イベント「RIZIN」におけるギャビ・ ガルシアとの試合を見てがっかりしました。

神鳥忍がろっ骨を負傷したため、急きょの参戦だったのは分かります。でも、余りにもお粗末すぎる試合でした。

元々勝つ気が無かったのだろうというのは、最初にロープワークを見せた時点で分かりました。

あれは単なる時間稼ぎです。結局、何もできないままガルシアの猛攻にあい41秒で負けた彼女。

試合に出てくる以上、もう少し戦う姿勢を見せるべきでしょう。あれでは相手に失礼です。

お菓子断ち 完全な糖質制限は無理

最近、糖質制限をしていたのですが、完全に糖質を排除するのはとても難しいもので、

全然我慢はできるのですが、食事を糖質以外で済まそうとするとお金がかかるのです。

なので、3食については普通に炭水化物などの糖質を摂ってもOKということにしました。

でも、間食は禁止。お菓子は一切食べないようにします。

糖質ってざっくりいうと、人間には必要ないものみたいなんです。

でも腹もちがよかったり、コストパフォーマンスがよかったりするので食べているだけで。

なのでお菓子は食べなくても十分生きていけると思うのです。

その方が健康にもいいらしいですし。

お金の節約にもなりますしね。

砂糖がないから脳の栄養が不足するじゃないか、という声があるかと思いますが、

それについてもタンパク質か何かが脳の栄養として機能してくれるそうなので、

砂糖なしでも大丈夫みたいです。

もう一生お菓子食べないかもしれませんね。

就労プログラムに参加してきました。

退院してから約二ヶ月と三週間。今日は初の「就労」プログラムに参加してきました。

「就労」プログラムとは文字通り就職した後などに陥るかも知れない状況に応じて、いろいろな対策を考えるプログラムです。

今日の場合はストレスコントロールで、まずどのようなことにストレスを感じるのかを挙げて行き、それぞれをどのように解消して行くかを考えてみました。

最後には「自分の失敗を謝っているのに何度も上司が叱ってくる」といった場面を想定し、皆さんそれぞれの思いと考え、対処法を挙げて行きました。

特に「他の上司に相談する」という案には、それこそ目からウロコが落ちました。さすが皆さん年季が違います。

その他、スーパー銭湯に行くなど、様々な意見が出ました。

ストレスコントロール、うまくしたいものですね。

息子が愛してやまない、大好きなワカメ

我が家の5歳の息子はワカメが大好きです。

お味噌汁、酢の物、、、何でもワカメが入っているとテンションが上がっています。

私が、いつも、ご飯の用意などで、忙しくしていると、「一緒に遊ぼうよ」と声をかけてきて、とにかく「かまってちゃん」化し、まとわりついてきます。

そんな息子ですが、ここ最近、私が忙しくしていても、一人でもくもくと遊んでいます。

「ようやく母の忙しさを理解してくれたんだね」なんて、少し悲しい気持ちもありつつ、息子の成長を嬉しく思っていました。

さぁ、息子の為、おいしいご飯を作ろう!!

あれ、乾燥ワカメが無い、えっ、犯人は、息子でした。

もくもくと遊んでいる様に見えたのは、乾燥ワカメをもくもくと食べていました。

息子を呼ぶと、振り返り、乾燥ワカメ片手に「ワカメおいしいね」です。

そんなに好きなの、と思いつつ、今日も、息子の為、ワカメ料理でおもてなしです。